タグ:ブッチャーU

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ”健全!変態生活のススメ”のスピンオフタイトルでクロックアッ
    新作「健全!変態公僕のツトメ」をプレイした
    ので、感想を書きたいと思います。

    20191220erogesa1001pfcc008
    (パッケージにある性務庁からのお知らせの内容が面白すぎw)


    【伝説的ド変態女性署長の下で立派な性務官を目指す主人公が変態エロス満載の物語で過激に奮闘する!ブッチャーU氏原画のクロックアップ「健全!変態公僕のツトメ」レビュー。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ”健全!変態生活のススメ”のスピンオフタイトルで、今月末発売
    予定のクロックアップの最新作「健全!変態公僕のツ
    トメ」
    体験版をプレイしたので、感想を書きたいと思います。

    20191206erogesatao5065vt013


    【伝説的ド変態家族を描いたエロゲの流れを汲む新作が前作同様に変態要素満載で登場!ブッチャーU氏原画のクロックアップ「健全!変態公僕のツトメ」体験版レビュー。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ブッチャーU氏の成年単行本「Bitch Docking!」
    を購入したので、感想を書きたいと思います。

    20190831eromangaccffffff000111ddhst047


    【ギャルや清純に真面目系等の様々なびっちヒロインが繰り広げる白濁飛び交う淫靡なエロ肉の宴に大興奮の実用的作品集。ブッチャーU氏「Bitch Docking!」感想。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    遂に発売となった続編であり完結作「冥刻學園胎動編」
    の発売に合わせて、本作の原画などを担当したブッチャーU氏が
    原画を担当したルネの3作品半額になるセ-ルが明日午前
    10時
    終了になる様です。

    20181108erogetaiken606s001


    【【明日10時終了】新作~胎動編に繋がると同時に連動要素のある前作「冥刻學園受胎編」や受胎島にリベンジルームが半額で買えるセ-ルキャンペーンが終了に。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ルネ新作「冥刻學園 胎動編」をプレイしたので
    感想を書きたいと思います。

    20181130eroge001a101ftbb003


    【拡大化する冥刻現象の真相が大幅にアップした過激なHプレイを交えつつ明らかに!?ブッチャーU氏原画のオカルト系学園エロゲ完結作。ルネ「冥刻學園 胎動編」レビュー。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    マスターアップを迎え、いよいよ今月30日に発売となる。ルネ
    新作「冥刻學園 胎動編」体験版をプレイし
    たので感想を書きたいと思います。

    20181105eroges20021s012

    ※前作のクリアデータに関連する独自要素を追記しました。


    【学園外にまで拡大した怪奇エロ現象の解決を目指して過激なHを繰り広げるブッチャーU氏原画のオカルト系学園エロゲの完結編。ルネ最新作「冥刻學園 胎動編」体験版レビュー。※】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    マスターアップを迎え、いよいよ続編の~胎動編が今月30日に
    発売となるタイトルの前作「冥刻學園 受胎編”お
    願いします……先生の精液で、私達を助け
    て欲しいんです!”」
    の感想を

    以前書いた内容を再編集しつつ、ゲーム版に加えてアニメ版2作
    の感想を盛り込みながら、新たに書きたいと思います。

    8c31885d


    【続編の胎動編が今月末発売のブッチャーU氏原画のルネ作品「冥刻學園 受胎編”お願いします……先生の精液で、私達を助けて欲しいんです!”」再レビュープラス。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ルネブランドの同名エロゲを、オリジナル的な展開で再度エロア
    ニメ化したOVA続巻「裏・受胎島2 赤ちゃんで
    きるまで抜かないで…」
    DVDを購入したので、
    感想を書きたいと思います。

    20180423eromaaniAA2s001


    【ギャル女子を熱くさせる為に励むプレイなど白濁溢れるド濃厚Hがハイクオリティなエロスビジュアルで描かれるOVA続巻「裏・ 受胎島」第2巻レビュー。】の続きを読む

    このページのトップヘ