FC2ブログ

女子学生に異様に執着する男性が巻き起こす超ド濃厚白濁凌辱エロス劇を描いたBISHOP新作「放課後3~狙われた純潔~」が早くもダウンロ-ドタイトルになって登場♪ それは私の妄言だ+

エロ系の漫画やゲ-ムにアニメをメインに、一般の作品も紹介するつもりのブログ…かな? ※注 内容が内容なので?18禁です。

ホーム > エロゲ > 女子学生に異様に執着する男性が巻き起こす超ド濃厚白濁凌辱エロス劇を描いたBISHOP新作「放課後3~狙われた純潔~」が早くもダウンロ-ドタイトルになって登場♪

女子学生に異様に執着する男性が巻き起こす超ド濃厚白濁凌辱エロス劇を描いたBISHOP新作「放課後3~狙われた純潔~」が早くもダウンロ-ドタイトルになって登場♪

先月末に発売されたBISHOP最新作「放課後3
~狙われた純潔~」
が早くもダウンロ-ド
タイトル
になり、配信が開始された様です♪


bishop_0032jp-018.jpg


作品のあらすじは、過去の出来事をきっかけに、女子学生に異様過ぎる
程に執着していた1人の男性、執念的な突き動かされる欲望を糧に、
門の女子学園の事務員
に就職する事が出来たものの

夢のような環境から、常に興奮的な状態となり、頻繁に射精を繰り返し?
精液の匂いを匂わせてるという、余りにも異様な姿が、生徒達や学園から
不満や問題視をされ、解雇署名の運動が学園内で巻き起こってしまい

その様子を見て、自分が解雇されるのは確実ではないかと?逆に開き直り
どうせ辞めさせられるならと、気になっていたものの

手を出さなかった気になる女生徒達や、主人公に敵意を向ける女性教師
に等に、欲望の全てをぶつけようと行動に移すのだった…という感じで


bishop_0032jp-002.jpg
bishop_0032jp-008.jpg
bishop_0032jp-009.jpg
bishop_0032jp-014.jpg
bishop_0032jp-021.jpg


学園を舞台にしたお話や、ヒロインを自分のモノにして行くと同時に従順
なメスへと変えエロ堕ちさせる調教行為といった、要素を題材にした作品を
数多く送り出して来たメ-カ-の最新作となる本作

正に、そのメ-カ-が誇る2大要素を
たっぷりと盛り込み、強烈な汁濁描写
にまみれた、過激なエロスが全編に渡
って展開

発展途上的なバディな女子や、ナイス
バディな方もいれば?主人公に対し、
強烈に敵意を剥き出しにする人物や

結構に好意的な女子など、様々なタイプ
のヒロインを、異様な執着によって生ま
れた?主人公の超絶倫的肉棒でガンガ
ン責め立て

爆裂的な超大量射精による、尋常では
ない量の大量過ぎる白濁液で中も外も
染め上げ快楽の虜にしてしまうという

器具を使ったプレイもあるものの、主人
公の肉棒が非常に大活躍する調教系
の行為やシチュエ-ションが非常に興
奮を誘うと同時に、実用性抜群なタイ
トルに仕上がっており



bishop_0032jp-004.jpg
bishop_0032jp-005.jpg
bishop_0032jp-007.jpg
bishop_0032jp-010.jpg
bishop_0032jp-012.jpg
bishop_0032jp-015.jpg
bishop_0032jp-016.jpg
bishop_0032jp-017.jpg
bishop_0032jp-018.jpg
bishop_0032jp-019.jpg
bishop_0032jp-020.jpg

(ビジュアルは過去作から更に表現がアップし、エロ度は超抜群に♪)

放課後3 〜狙われた純潔〜


「放課後3~狙われた純潔~」感想


調教と言っても、余り難しい事は無く?
、イベントはビジュアルで分り易く表現
されていたり、初プレイでハ-レムEND
に持ち込めるのも、結構に簡単という

かなり低目の難度設定で、お話やHを堪
能出来る、ナイスな1作なので個人的に
かなりおススメというか♪

主人公の大爆射っぷりが、やり過ぎレベ
ルに凄いけどwその強烈さが堪らなくて
心地よいのよねえ~うんうん♪♪

[ 2016/03/11 21:03 ] エロゲ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ツイッター
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
オススメ記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
FC2カウンター
げっちゅ屋
★『千の刃濤、桃花染の皇姫』 ★『てにおはっ!2 ~ねぇ、もっとえっちなコトいっぱいしよ?~』