FC2ブログ
ホーム > 成年コミック > キュ-トな年下女子達のイケナイエロス模様を描いた昭嶋しゅんさん新刊「援交JC流」感想♪学園を舞台に教え子系女子がエ○コ-三昧イケナイ事だから興奮するってヤツですねw?

キュ-トな年下女子達のイケナイエロス模様を描いた昭嶋しゅんさん新刊「援交JC流」感想♪学園を舞台に教え子系女子がエ○コ-三昧イケナイ事だから興奮するってヤツですねw?

昭嶋しゅんさんの新刊「援交JC流」
購入したので感想を書きたいと思います


0151014rW303.jpg


本の内容は、7話構成の作品が1本の他2本の短編が収録


一人の男性教師を中心に、色々な女生徒とのHを彼女達が抱える
悩みや様々な想いを織り交ぜながら、エ○コ-的エロ模様を描いた
「援交JC流」「JC援交 純情サイド」「J
C援交 集金サイド」「JC援交 早成サイ
ド」「JC援交 演習サイド」「JC援交 もっ
と!早成サイド」「援卓連盟」



0151014rW306.jpg

0151014rW307.jpg

0151014rW313.jpg

0151014rW315.jpg

0151014rW317.jpg

0151014rW319.jpg

0151014rW323.jpg

0151014rW328.jpg

0151014rW329.jpg

0151014rW333.jpg

0151014rW341.jpg

0151014rW346.jpg

0151014rW354.jpg

0151014rW356.jpg

0151014rW360.jpg

0151014rW366.jpg

0151014rW375.jpg

0151014rW379.jpg

0151014rW381.jpg


とあるDT男性が、ギャルデビュ-した?女子と初エ●コ-&初Hをし
ちゃう「援交デビュー~JCギャルと童貞と~」


0151014rW385.jpg

0151014rW387.jpg

0151014rW391.jpg


エ○コ-相手としてやってきた女子は、彼氏持ちの女子で?相手が居
る事に戸惑いながらも、欲望には勝てずにその女子さんとあんな事を
しちゃう「シークレット・コネクト」


0151014rW397.jpg

0151014rW3100.jpg


…という以上の作品があり



発展途上的や?結構にスタイル抜群だったりする、年下系のjc的
ヒロインが、危ないエ○コ-行為に励んじゃうというシチュやHをテ-
マに描いて来た作者さんの最新刊

過去作と同様に、3作とも全てエ○コ-
を題材にしているという、徹底&拘った
内容がイイ感じで♪


お口や胸を使った奉仕行為はもちろん、お肉棒の責めに汗や愛液が溢
れ飛び散り、押し寄せる快感にアクメちゃう合体行為や、男性を拘束し
て女子リ-ドで強引に行為に励んじゃう逆レ○プ風味のシチュエッチに

複数の男女が絡み合い乱れ狂う乱交行為など

作品はエ○コ-というエロ行為やシチュ
をメインに展開、ヒロインは初めての経験
で恥らいながら緊張して励む事もあれば

手慣れた雰囲気で大胆に行ってしまう事
もあるなど、エ○コ-というシチュ自体は
変わらないものの、それぞれのヒロインに
よってタイプの事なるプレイが描かれ

えっちは中々にハ-ドな表現もあったりし
て、かなりエロ度は高く

題材はインモラルでタブ-的ではあるも



0151014rW309.jpg

0151014rW338.jpg

0151014rW370.jpg


援交JC流


お話の雰囲気や作品自体は、結構にコ
メディ寄りで、浮気っぽい?Hはあるけど
いわゆるNTRタイプではないし、重苦し
い流れや

痛々しい表現も特に無いので、可愛い年
下&jc系女子が、素敵に乱れる様をガッツ
リ堪能出来る1冊として、全力でおススメ
しときますワ♥(キリッ

(難点があるとしたら、エ○コ-系お約束の?相手男性がオッサンと
かw女子が思った程ド淫乱じゃないとか、匂い立つ様な変態臭系の
エロスが控え目な事かなw?)

ルネソフトプレミアムパック ダウンロード販売

[ 2015/10/14 21:35 ] 成年コミック | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ツイッター
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
オススメ記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
FC2カウンター
げっちゅ屋
★『千の刃濤、桃花染の皇姫』 ★『てにおはっ!2 ~ねぇ、もっとえっちなコトいっぱいしよ?~』