emilyさんの新刊「恋愛スペシャリテを購入した
ので、感想を書きたいと思います。

20180329zzxjfjef045



単行本の内容は、読み切り系の短編6作品が収録されており。

小説家として執筆活動に励んでいた男性が、真夜中に廊下でうず
くまる見知らぬ女の子を発見し、とりあえず部屋に上げたところ

どうやら家出中らしく?寝る場所がないという彼女の言葉に、最
初は厄介毎は面倒だと思っていたのだが、ふとした時に見せる彼
女の横顔が気になり

住み込みのメイドとして、とりあえず一週間だけ住まわせてあげ
ようとする!?
「Love Replica」

20180329zzxjfjef047
20180329zzxjfjef049
20180329zzxjfjef052

騎士団長の男性に拾われ、工房の技術主任として働きながら、
自分を拾った騎士団長と愛し合っていた女性だったが、彼が引
退する前の最後の任務として、結婚を控えた皇女の警護役を務
める事になり、会えない時間が増えている状況に、モヤモヤと
した感情が―。「Angelica」

20180329zzxjfjef056
20180329zzxjfjef057
20180329zzxjfjef062

帰宅中、見知らぬ可愛い女の子に迫られ?不審に思いながらも
、流されるままに一線を越えて彼女と一夜を共にしてしまった
男性が、失恋後の寂しさもあって

その時に貰ったメアドを使って彼女と再び会い、貪る様に身体
を重ねてしまうのだが?友人から事件的な話を聞かされ、巻き
込まれたのではないかという不安から、もう一度彼女に会うも
、それによって彼女の正体が!?「土曜日のフラン
ボワーズ」


20180329zzxjfjef063
20180329zzxjfjef067
20180329zzxjfjef069

両親が旅行に出かけ、義妹と二人きりでしばらく過ごす事になっ
た男子が、義妹がHな漫画を描いていたのを偶然見つけ、更にそ
の姿を妹に目撃されるという、気まずい状況になってしまうの
だが

妹のほうから、Hな漫画を描いていた事について聞かれると同時
に大胆な告白が!?「Cherry Blossom」

20180329zzxjfjef071
20180329zzxjfjef074
20180329zzxjfjef075

とあるアイドルユニットの担当をする事になったプロデューサー
の男性だったが、彼女達から迫られて、二人とHな関係になって
以来…仕事のご褒美としてHをするという状況に悩みつつも、H
をする事で魅力が上がっていく彼女達の姿を見て、断り切れずに
いた?「Pastelゼリー」

20180329zzxjfjef076
20180329zzxjfjef080
20180329zzxjfjef081

勇者として異世界から召喚され、与えられた様々な任務をこなす
男性を愛して激しく身体を重ねる皇女だったが、召喚した勇者は
完全な状態ではなく、この世界で彼を生き続けさせるのは危険だ
と皇女に進言するも、全く聞こうとしない彼女に想いを寄せる
ある人物が?Angelicaと世界観が同じお話。
「デイ ドリーム」

20180329zzxjfjef086
20180329zzxjfjef087
20180329zzxjfjef093

という以上の、読み切り系の短編を中心に構成された今回の単行
は―。

可愛くてキュ-トなヒロイン達との恋愛や和姦系のエロスプレイ
などが展開する恋愛劇がメインの作品集となっているのですが

恋人同士という、最初から相思相愛的な関係や、それに近い感じ
のどこかでお互いを想っている感じで描かれるお話などもある一
方で

偶然の様な運命的な出会いから始まり、繰り返されるHな行為に
よって、淫靡な快楽を愉しむと同時に愛を育んでいくお話や、H
好きな女子達と貪る様にプレイを楽しむといった

3人的なプレイがたっぷりと描かれる、コメディ寄りのエロコメ
ディ的な作品など。

20180329zzxjfjef053
20180329zzxjfjef061
20180329zzxjfjef065
20180329zzxjfjef083
20180329zzxjfjef092

恋愛スペシャリテ

お話によって、甘酸っぱさや切な
い雰囲気などが漂う純愛系の恋愛
劇やシチュエ-ションを描いたお
話が大半を占める今回の単行本で
すが?

恋愛的な部分以上に、お互いを求
めて激しく身体を重ね合う、濃厚
なエロスシ-ンがたっぷりと描か
れるなど

物語と同時にエロス面も実用的に
楽しめるという、読めて使える内
容が良かったというか

恋愛劇とエロス面が密接に繋がっ
ていて、どっちも外せない作りの
お話が魅力的なんですよね♪
(Hシ-ンこそないけど?普通にボテ腹エンドというのがそこそこ
あるのも、恋愛劇中心の作品集としては、ちょっと面白い感じかな