今月末発売のアトリエかぐや新作「Mama×Holic〜
魅惑のママと甘々カンケイ〜」
体験版をプレイ
したので感想を書きたいと思います。

2020y0909erogetai200234fdt024


本作は、亜人(デミ)と呼ばれる様々な種族と人間達が共存している
世界で暮らしていた、ごく平凡な人間の男子の主人公が—。

通っている学園でトップの人気を誇るクラスメイトの亜人女生徒”蒼江
紅音”
の血をアクシデントで飲んでしまった事によって、二つの種族の
血液が奇跡的に交わり。

亜人達の内に秘める力を目覚めさせる伝説の秘薬”覚醒の魔素”に体液が
変化するという事態が発生し、魔素を作り出す彼の貞操を狙って過激で
淫らな争奪戦が繰り広げられたのだが!?

紅音を始めとした
鈴鹿セイラの3人の女生徒達の中でルールが取決め
られ、それに従って主人公と交わる事で事態は一応、収まったものの。

理科の先生をしている魔女の
アヴリルが、魔法薬の実験中に事故を起こ
して、三人を含む学園内の亜人達が昏睡状態になるという大事件が発生
し—。

彼女たちを救うには、亜人達の母乳等によって作られるらしい!?
”万
能の聖乳”
という秘宝が必要という事が分かり、聖乳作りの候補者に選
ばれた三人の母親の母乳を搾るエロス儀式が始まるものの。

紅音の母親の
舞凍と鈴鹿の母親の夜叉が、主人公を巡って火花を散ら
したり、セイラが人竜族の男性と婚約破棄していた事から、破棄され
た男性の妹という
ミーメがセイラと主人公を屈服させる目的で来日し
てくるなど。

魔素を巡る争奪戦以上の、主人公を巡ったドエロバトルが繰り広げら
れる事に!?

—といった感じのストーリーで展開する「Love×Holic~魅惑の乙女と
白濁カンケイ~」
の続編タイトルになるのですが。

2020y0909erogetai200234fdt001
2020y0909erogetai200234fdt019
2020y0909erogetai200234fdt027
2020y0909erogetai200234fdt028
2020y0909erogetai200234fdt029
(本作の諸悪の根源的な女性、この後?投獄されちゃうんですよね
…(本当w)
2020y0909erogetai200234fdt002
2020y0909erogetai200234fdt003
2020y0909erogetai200234fdt006
2020y0909erogetai200234fdt007
(主人公を巡って、一触即発的な状況に!?)
2020y0909erogetai200234fdt009
2020y0909erogetai200234fdt010
2020y0909erogetai200234fdt012
(サリーは、娘のセイラとはかなり異なる雰囲気のある女性ですが
、特に誘惑してなくてもエロティックなオ-ラぷんぷんなのが堪ら
なすぎ。)
2020y0909erogetai200234fdt017
(今回のタイトルは、アトリエかぐや作品では珍しく?登場キャラ
や作品の舞台等が全く同じの直接的な続編になるので、一応前作の
あらすじもありますが、前作を遊ぶことをおススメというか。娘達
も鬼エロくて最高ですよw♪)
2020y0909erogetai200234fdt014
(ミーメは姫騎士っぽい見た目の様に、チョロインだったりくっころ
系キャラの様な雰囲気が?)

前作にもガッツリと登場したヒロインの母親の紅音を始め、前作の攻
略対象のヒロイン達の母親である、夜叉やサリーといった美しくて妖
艶なオトナのデミ女性達が、聖乳作りの候補者及びヒロインとして登
場、更に人竜族のお嬢様というメーアにツンツン的な性格の鬼族の女
性のなどを交えながら。

ラブコメ&ハーレムちっくなシチュエーションやストーリーが、描か
れていく事になるのですが―。

今回の体験版は割とボリュームがあって、マップ上でキャラクターの
選択を2日目まで行えたり、プロローグとは別のエロスイベントが一つ
ずつ楽しむ事が出来たりなど。

2020y0909erogetai200234fdt018
2020y0909erogetai200234fdt016
2020y0909erogetai200234fdt020
(前作はコミュニケーションシステムや魔素の変化など、ちょっと
変わったシステムもありましたが、今回は割とシンプルなキャラ選
択&選択肢ベ-スのAVGタイトルになる様ですが。色々と分かり易
く楽しめそうな分、体験版の段階でハ-レムルートの存在が判明し
ちゃうとはw)
2020y0909erogetai200234fdt024
2020y0909erogetai200234fdt011
2020y0909erogetai200234fdt026
2020y0909erogetai200234fdt021
2020y0909erogetai200234fdt022








プロローグ&本編の一部が体験出来
た事で、前作と同じような明るい雰
囲気で楽しめる事が分かったり。

前回とは異なるシチュエーションの
、ママ系のヒロインに甘く癒して貰
うタイプのイベントや

男女の経験のある母親ながら、Hな
事に対しては?割と乏しい印象の女
性に、性的な行為の魅力を教え込む
様に行うといった—。

不貞行為を彷彿させる様なシチュエ
ーションも楽しめそうなことに加え
て。

更にエロスイベントは無かったもの
の、お嬢様な人竜族の女の子も色々
期待できそうというかw

前作も良かったけど、今回も実用性
を含めて、かなり楽しめそうな雰囲
気ぷんぷんなので、製品版を早く遊
びたいという欲求が溢れそうでもう
ねw♪

(娘と母親のキャラに結構違いがあるのが面白いというか、鈴鹿のお
母さんの夜叉さなんて名前こそアレだけどw?息子を溺愛し過ぎる、
ヤバめのお母さんというキャラが良いッスねえw)