黒岩瑪瑙氏の成年単行本「たべごろ!背徳の果実」
を購入したので、感想を書きたいと思います。

20190905eromangacc3003rct034


単行本の内容は、2話構成の作品が1本と短編系の作品7本が収録され
ており。

適齢期になった男子が贄の役目を演じつつ、姫神に扮した巫女と交わ
るという!?一年に一度行われる奇祭を描いた。
「ひめまつり」

20190905eromangacc3003rct035

母親が姫神に選ばれると同時に、彼の息子が贄として選ばれ。儀式が
行われる事になるも、その内容を息子が余り分かっておらず?困惑す
る中、いつもとは別人の様な雰囲気の母親に妖しく迫られて―。
「秘め神さま」

20190905eromangacc3003rct036
20190905eromangacc3003rct037
20190905eromangacc3003rct038

自分の下着が無くなったりやタンスの中の位置が変わっている事が、
度々起こっている事に、息子が関係してると考えて悩んでいた母親が
。まずは決定的な現場を見る事が重要だと?出かけるフリをして様子
を伺っていたところ。

母親の下着を身に着けて、激しい興奮と共に射精する息子の姿を目撃
するなど、予想外の姿に驚きつつ。息子の前に登場して一線を越えて
しまうお話と。

今回の事を反省しようとする息子に対し、女装こそが男らしい行為だ
と謳う母親によって、更なる変態的な女装プレイをさせられる!?お
話の2作品。「たべごろ!背徳の果実」

20190905eromangacc3003rct040
20190905eromangacc3003rct041
20190905eromangacc3003rct001
20190905eromangacc3003rct002
20190905eromangacc3003rct003
20190905eromangacc3003rct006

ガテン系な母親の、普段のガサツ過ぎる行動に悩んでいた男子が、も
うちょっと女らしくして欲しいと母にお願いしたところ。色っぽい姿
で現れる?勘違い気味の母親に困惑すると同時に大胆に迫られて―。
「剛腕母ちゃん」

20190905eromangacc3003rct008
20190905eromangacc3003rct009
20190905eromangacc3003rct011

駄菓子屋でアイスを食べていた男子が、アタリ(♡マ―ク付き)が出
たので店主の女性に見せたところ。景品は自分だという発言と共に?
店の奥に案内されて彼女とえっちな事をする展開に。
「夏の郷愁」

20190905eromangacc3003rct012
20190905eromangacc3003rct015

不良達にイジメられていた年下の男の子を、相手の勘違いで助けてし
まったヤンキー風の女性のもとに、その男の子が弟子にして欲しいと
現れるのだが。一途で可愛過ぎる彼を見て、彼女の中でイケナイ気持
ちが?「アイと誠」

20190905eromangacc3003rct017
20190905eromangacc3003rct019
20190905eromangacc3003rct022

文芸部の部長をしている地味で大人しそうな女性が、新入部員の男子
に命令して。部室の中で淫らなプレイを妖しく愉しんじゃう!?
「文芸部の狼」

20190905eromangacc3003rct024
20190905eromangacc3003rct025
20190905eromangacc3003rct027

男だった先生が女性に変わっているのに、自分以外の人間が全く気付
いてない事に疑問を感じていた男子が、その女性に呼び出されて忍者
である事を明かされると同時に、彼女の術が全く効かない事をえっち
に調べさせられる事に。「先生はくノ一!?」 

20190905eromangacc3003rct029
20190905eromangacc3003rct032
20190905eromangacc3003rct033

―という以上の作品で構成された作者さんの新刊単行本となる本作は。

様々なタイプのキャラクターがいる母親を始め、駄菓子屋の店主にヤ
ンキー風の女性や対〇忍っぽいw現代風忍者に部活動で部長を務める
女性といった感じに―。

男性経験のある年上の女性達が、未体験の童貞男子を相手に筆おろし
や手解きをする様な形で、えっちなプレイを繰り広げる事になるので
すが。

母親と息子が一線を越えるという、背徳的な近親系のシチュエーショ
ンで展開するお話が目立つものの?ギャグやコメディ的な要素を交え
て描かれるコミカルなコメディ寄りのお話が同時に多く。

20190905eromangacc3003rct004
20190905eromangacc3003rct013
20190905eromangacc3003rct016



明るい雰囲気で物語を楽しめる一方
で、適度に筋肉質な肉感で表現され
たエロティックでグラマラスなボディ
のヒロイン達が繰り広げる。

妖しくも刺激的なエロス場面の数々
はとても堪らなく、大変に使える作
品集になっており。

表紙にも描かれている女装男子によ
る親子姦といった、中々にマニアッ
クなHも描かれていますが。

ビジュアルや描写はインモラルちっ
くな印象ながら、この辺も含めて
楽しく読めつつ、実用性はバッチ
リに使える良い感じの一冊ですよ。
(シチュエーションやエロス展開に反して、お話は比較的コメディ
タッチな内容が多いというギャップが良いというか、ラストのお話
が対魔〇ちっくなのがもうねw