肉そうきゅー。氏の新刊「箱庭ニ咲ク雌ノ華」
購入したので感想を書きたいと思います。

20190210eromangacc515eg001


単行本の内容は、有数の貴族令嬢が集まる小さな学び舎に教師と
して赴任した一人の男性。学園を運営する三季園家に彼が呼ばれ
た理由は?

養女として迎えられた三人の女性に、当主の死によって傾きかけ
ていた家を再び繁栄させる為、政略結婚の駒として相応しい?エ
ロドレイを作り出すという目的のもと

過激な調教プレイを行うといった、衝撃的な理由に困惑する彼女
達だったが―。

20190210eromangacc515eg002
20190210eromangacc515eg005
20190210eromangacc515eg006
20190210eromangacc515eg008

義母の考えは冗談では無く本気で!?次々と三人が純潔を彼に奪
われると同時に、過激な調教行為が容赦なく行われて行く中

義母に対して恩もあって、最初は我慢しながら必死に耐える彼女
達だったものの。繰り返されるプレイに彼女達の中で何かが変化
して行く一方

義母が彼に過激な調教プレイを頼んだのにはある理由が—。

フルカラーの”令嬢三姉妹の雌の顔”を始め、本編10話で構成され
「箱庭二咲ク雌ノ華」

20190210eromangacc515eg009
20190210eromangacc515eg011
20190210eromangacc515eg014
20190210eromangacc515eg016
20190210eromangacc515eg017
20190210eromangacc515eg018
20190210eromangacc515eg020
20190210eromangacc515eg024
20190210eromangacc515eg025
20190210eromangacc515eg026
20190210eromangacc515eg031
20190210eromangacc515eg032
20190210eromangacc515eg035
20190210eromangacc515eg037
20190210eromangacc515eg040
(完全にシリアスではなく、コメディ的な演出や表現も?)
20190210eromangacc515eg047
20190210eromangacc515eg049
20190210eromangacc515eg050
20190210eromangacc515eg053

—という以上の長編作をまるごと収録した今回の単行本ですが。

ボリュームのある巨乳バディの可憐で美しいお嬢様達が、特殊
な体質のふとっちょでブサメン的な男性に、大きくて逞しい肉
棒をガンガンと激しくぶち込まれたり

体質であるドロドロとした濃厚な大量の白濁液をドップリと流
し込まれるなど、肉棒でのエロスプレイを中心に

玩具を付けた状態で授業をさせたり、おしっこを男性の前でさ
せるといった行為や浣腸などでヒロインに屈辱を与えたり、緊
縛放置プレイや奉仕プレイを命じて行わせたり

快楽の虜となったヒロインに協力させ、抗う別の女子を激しく
攻めたりや、エロドレイ化した女性達と乱交を含むプレイで、
お互いが貪る様にいやらしく興じたりといった感じに—。

20190210eromangacc515eg013
(濃厚な白濁液が、玉の様になって噴出する作者さんお馴染みの白
濁演出が今回も満載!)
20190210eromangacc515eg027
20190210eromangacc515eg043

箱庭ニ咲ク雌ノ華
【電子版】箱庭ニ咲ク雌ノ華

家の再興を理由に可憐なお嬢様達
が、調教行為でエロドレイ化を目
指すという

中々にダ-クでハ-ドな印象を受
ける導入シ-ンでお話が始まり、
凌辱的な雰囲気で進んでいくもの


ヒロイン達の生い立ちや、お嬢様
以外の女性達が抱える、複雑な事
情や想いが明らかになって行く事
で、物語の印象が変わっていき?

エロスプレイ自体は、中々に過激
な印象を受けますが、お話はちょ
っぴり変わったハ-レム系作品と
して楽しめつつ

実用性バッチリの使える単行本に
なっているので、とても推したい
一冊ですよ♪
(お嬢様を凌辱調教というシチュエーションだけを聞くと、かな
りダ-クだったり?ハ-ドな内容の作品を想像しそうですが。プ
レイはそれなりに激しい描写や表現があるものの、厳しく感じる
ようなプレイやエグイ表現などは控えめの、比較的使い易いとい
うか、実用性に優れた単行本になっているのでおススメですよ。)

イブニクル2