たぬきそふとの姉妹ブランドの”かえるそふと”のデビュ
ー作「ネムれる園の少女たち」のをプレイ
したので、感想を書きたいと思います。

20181220eroge000pkse006


本作は、非モテで陰キャという主人公の男子が、苦手なコミュニ
ケーションをしなくてもHが出来る方法として、祖父の魔導書を
使って、サキュバスの召喚儀式を行ったところ

トラブルによって、ネムという名のサキュバスが一応召喚される
も、力が使う事が出来ない代わりに同級生の瑠珠と忍乃の二人に
サキュバス化する様な呪いが掛かってしまい!?

彼女達に精液を与えなければイケナイという状況を逆に利用して、
色々とえっちな行為を企むのだった。

—といった感じのストーリーで展開するエロゲ作品となり。

20181117ergtaik101e003
20181117ergtaik101e006
20181117ergtaik101e012
20181117ergtaik101e017
20181117ergtaik101e024
20181117ergtaik101e025
20181221erogekaes101fte005
20181221erogekaes101fte007
20181221erogekaes101fte026
20181221erogekaes101fte044
20181221erogekaes101fte047

たぬきそふとの姉妹ブランドのデビュー作となる本作は—。

同級生のアレな血(?)によって召喚された小悪魔っぽいキャラ
のサキュバスと、対照的なキャラクターの同級生の女の子二人を
相手に、たぬきそふとの流れを受け継いだような

ちょっぴり変態&マニア的な(笑)要素を交えながら、えろっち
い行為などを通じてヒロイン達と、いちゃラブ+エロエロな関係
に関係になって行くというラブコメディ的な作風のタイトルにな
っており。

最近のたぬきそふと作品で見られるE-moteによるアニメ演出を使
用して、豊かな表情豊と可愛らしい動きで演出される会話劇でお
話を盛り上げつつ

同じようにエロスシ-ンでもアニメ演出によって、細かな仕草や
ダイナミックなキャラの動作に、押し寄せる快感で変化する表情
といったエロス表現で興奮を熱く誘うなど。

20181221erogekaes101fte006
(選択肢によってお話が展開、H時にも射精箇所を選ぶ選択が
あり、選び方によってはお馴染みの?)
20181221erogekaes101fte037
20181221erogekaes101fte025
20181117ergtaik101e009
(サブキャラが魅力的な分、もうちょっとガッツリ絡みたか
った気が悶々w?)
20181221erogekaes101fte021
(恥ずかしながらもドンドンエッチになって行く姿がアニメ
演出を用いることで、かなり臨場感のあるモノになっており、
実用性もバッチリに♪)
20181221erogekaes101fte031
20181221erogekaes101fte032
20181221erogekaes101fte033
20181221erogekaes101fte035
20181221erogekaes101fte036
(たぬきそふと系作品と言えば、これですよねw?)
20181117ergtaik101e021
20181221erogekaes101fte019
20181221erogekaes101fte039
20181221erogekaes101fte042
20181221erogekaes101fte043
20181221erogekaes101fte045
20181221erogekaes101fte020
20181117ergtaik101e028
20181221erogekaes101fte016
20181221erogekaes101fte024
20181221erogekaes101fte041
20181221erogekaes101fte048
20181221erogekaes101fte049

ネムれる園の少女たち

年下的なビジュアルのキュ-トな
ヒロイン達が、ちょっぴり変態的
な要素のあるHプレイを、大胆に
繰り広げる内容は

とても刺激的でグッとくるという
実用面に優れつつ、今回は新ブラ
ンドのタイトルという事もあって

ラブコメ色が濃く、変態的な要素
もしっかり受け継ぎながらも

若干控えめなのが、ちょっぴり残
念だったので(逆に言うとたぬき
そふとの作品がちょいぶっ飛んで
る感もw)

たぬきそふとの新作もまた作って
欲しいかな。あとサブキャラがと
ても良かったので、色々したかっ
た感が…ちょっぴりw?
(新ブランド作という事で、たぬきそふとの流れを汲みつつも?
色々と異なっている部分が面白いというか、ラブコメ寄りの作り
になったので、これまでの作品より幅広い方におススメ出来そう
な感じのタイトルかな?)